ブログ

田舎のかえる

2022年産水稲緑肥用のヘアリーベッチの栽培 ()
2022/04/25 刈取り作業 2反弱で、作業時間は朝遅く初めて午前の部3時間、午後1時間の計4時間程度。 刈取り時の生育の様子。窒素の量は10a当たり10~15kg程度でしょうか。参考資料 DSC_0003 今回は右回りで刈取りしました。左回りではウイングの先端に蔓が引っ掛かり易くなります。 HORIZON_0002_BURST20220425120031746 午前の部を終えたところ。 DJI_0001 2021/10/28 種まき作業 種まきのバラツキを改善するため、圃場の畦畔に竹で分割し、種子量も分けて散布。18aを8区画に分割し、全種子量は10kgなので1区画1.25kg、それを1区画毎に往復して中間にも竹を立てて、種子散布量を小まめにコントロールしました。往復すれば途中で種切れすることはありません。ちまみに1区画のまき幅は6歩(4m強)です。 DSC_0041 2021年の種子はオーストラリア産で、使用するのは初めてではないかと思います。 HORIZON_0002_BURST20211028155634726
>> 続きを読む

トラクタのエンジンオイル交換(更新) ()
エンジンオイル交換は、当面の農作業の忙しさが先に立ち、ついつい後回しになります。 早くしたいけど、忙しくて出来ない。トラクタはクボタKL34R。 エンジンオイルの交換は初回50時間後、それ以降100時間毎、オイルフィルターは200時間毎。 1 まづエンジンオイルの排出。足下のドレーンプラグの2本のボルトを抜き4.5L程度を廃油。 P1170005ブログ1 2 オイルフィルタカートリッジを交換(200時間毎)  次に燃料コックが邪魔になるので取付ボルトを外すし、オイルフィルタカートリッジを交換。 エンジンオイルフィルタカートリッジの交換。 P9060049 エンジンオイルフィルターカートリッジの品番 P9060050 3 エンジンオイル(スーパーCD D10W-30)の補給。  P1170011ブログ2 4 最後に表示切換えスイッチを0時間にリセット   エンジンオイル交換後の表示状態で2秒間の長押しすると0時間にリセット」される。  交換年月日  2021.12.03  10回目 エンジンオイル交換 4.7L程度。オイルフィルター交換。  2021.03.02  9回目 エンジンオイル交換 4.3L程度。オイルフィルター交換せず。   屋外で作業していたら、雨が降ってきた。気象が不安定な日は用心しなければと思いました。  2020.09.25 8回目 エンジンオイル(交換時期超過)及び6回目のオイルフィルター交換。6.0L   2019.09.03  7回目 エンジンオイル(交換時期超過)及び5回目のオイルフィルター交換。4.5L  2018.11.04  6回目 エンジンオイル(交換時期超過)及び4回目のオイルフィルター交換。4.7L  2017.12.06  5回目 エンジンオイル(交換時期超過)及び3回目のオイルフィルター交換。  2017.0?.??  4回目 エンジンオイル交換。  2016.09.06  3回目 エンジンオイルを4.7L交換、及び2回目のオイルフィルター交換。4.7L  2015.12.15 2回目 エンジンオイル交換(フィルターは交換せず)4.5L  2015.01.17 1回目 エンジンオイル交換(フィルターは交換)5.5L        クボタトラクタKL34RーPCは2014年11月に購入し始めてのエンジンオイル       交換です。
>> 続きを読む

田植機のミッションオイル交換 ()
6月27日、購入して初めて、ミッションオイルの交換を行った。田植機はクボタSPU450P。 購入は2009年9月. ① まず、オイルゲージを外してから排油プラグからミッションオイルを排出 P6270121 ② 次に、チェーンレンジ等でカートリッジを取り外し。 P6270116 ③ 購入してきたカートリッジのOリングに油を塗布し、レンジを使わずに手で締め付ける。 P6270126 ④ 次に、排油プラグを締め付ける。 P6270148 ⑤ 給油口から規定量のミッションオイル(スーパーUDTー2)を標準は5.5Lだが、初めは5L強程度の少な目に給油。オイルゲージを差し込みエンジンを1分程度回転して、不足分を補っていく。 P6270150
>> 続きを読む