ブログ

田舎のかえる

2019年産稲作;上空からの本地域 ()
緑の濃い圃場は大豆畑と稲作田の一部です。出穂まで後10日強です。 2019/08/17撮影 DJI_0043 2019年産稲作;稲は今、幼穂形成期  ある圃場(前田)の例ですが、8月13日で止葉・幼穂は平均1.1cm、最小0.6~最大2.1cmでした。 目安として、0.8~1.5cmが止葉抽出期で出穂前18日に当たるので、出穂期は8月30日頃ではないかと思われます。 P8130009 台風10号の対応のため水入れ。 P8130003    追加 2019/08/15  台風10号は大豆に恵の雨をもたらしました。 P8150009 2019/06/25 田植え&水生生物 田んぼには、入水・代かき後ふ化した小さいカブトエビとホウネンエビが泳ぎ回っています。田んぼによって生き物の種類が違います。カイエビはこの田んぼでは見かけません。 ホウネンエビ  生まれたて? P6250029 カブトエビ 生まれたての赤ちゃん? P6250040 2019/06/22,23 田植えが終了しました。今年の苗箱は土の量を増やしたので運搬が大変でした。  次は、早く活着しないかなァ。 DSCN2121 土が少ないとペラペラだし、厚いと重たい・きつい。 DSCN2129 2019/06/18,19 代かき作業を行いました。  麦からをすき込んでいるので、ロータリー爪もある程度の深さまで入れないと浮いて来ると思ったりして悩ましい。2019年産麦の生育は良かったので、麦わらの量も多い。 P6150005 2019/06/14,15,16 荒がき作業 P6150005 2019/06/14 畦畔板設置;水田の水が漏れないようにするため。  ヘアリーベッチをすき込んだこの水田は古くなった畦畔板を差し替えました。  荒がきした後に、スコップで畦畔板の差し込み箇所を掘り下げて、埋め込んでいく方法で作業しました。 P6140018 2019/06/14 荒掻(あらがき)のための入水を全圃場で開始しました。 P6140016 2019/04 取水口の修理(稲作前の準備)  2018/09頃、取水口から水漏れを起こしていたため、漏水修理は懸案事項でした。  セメント作業後に、試験的にポンプを作動させたら抑え蓋の隙間から漏水したので、水中ボンドで修理しました。今のところは漏水しない感じです。 P6080047
>> 続きを読む

小豆の生育 ()
2019/08/15に九州地方をかすめた台風10号は恵の雨をもたらし、小豆の生育が進みました。 は種は7月28日で、品種は大納言、は種量は0.5kg/a程度です。 小豆はご飯に混ぜたり、あんこ作ったりと利用価値があります。 P8150001 2019/08/12 撮影 P8120002 2019/08/06 撮影 P8060103
>> 続きを読む

2019年産大豆栽培(8/12更新) ()
中耕・培土作業 2019/08/12 8月9、10日に中耕・培土作業を行いました。 トラクターにロータリーカルチ(ニプロRM312-B)を付けて行います。この圃場はメヒシバ等の雑草が多いです。 P8100119 そのため、土を大豆の根元に寄せるため、今回ユニット部の下のロータリーピンを上下の動きを抑えるように上部に移動し、設定変更しました。 P8100123 2019/07/21大雨の被害 2019/08/14 UP  今期最大の大雨です。数年ぶりかも。  大豆は、播種して4、5日目で半日水没しましたが、発芽へのダメージにはあまりなかったので一安心しました。 P7210032 普段川と水田との境は畦畔だけが見える状態です。奥は朝日苑。 P7210008 大豆種まき 2019/07/18 7月16日から大豆播種を始め、17日時点で8割以上が終了しました。 2018年産は播種後、ほとんど雨が降らず、不発芽でさんざんでしたが、今年は今になって大雨と台風・強風の心配が出てきました。 株間は今まで15㎝を基本にしてきましたが、栽培管理の改善と徒長防止のために20㎝も30a程度試験的に実施しました。畦幅は70㎝です。 P7170071
>> 続きを読む