ブログ

田舎のかえる

2021年8月の長雨 ()
2021年8月の長雨の始まりは8月8~9日に台風9号の襲来から始まり、11~14日にかけて秋雨前線の停滞により、水田は14日が最大の浸水となりました。大豆畑においては葉が浸かり今後の生育に影響しそうです。                                 気象庁データ 2021/08/14 撮影 大豆畑の冠水 DSCN2325 2021/08/20 撮影 水に浸かって葉が傷んだ大豆。水没すると時間によると思いますが枯死状態になることがあります。 DSCN2341 水稲においては、出穂前の日照時間が大きく収量に影響するので、2020年産が近年にない不作でしたので、2021年産も心配です。私の水田の出穂最盛期は8月29日頃だと考えてます。                   気象庁 過去の気象データ検索」より 気象協会は大雨の予想時に、過去の最大雨量をどれだけ超えうるかを示す数値を公表しているそうですが、どこのサイトにあるのか分る方がおられるなら教えて頂きたいです。
>> 続きを読む

2021年産小麦の収穫が始まる ()
5月22日、シロガネコムギ(中力粉用)の収穫が始まりました。 昨年より5日ほど早まっています。5月に入って雨模様が続き、水稲の種まきと重なって、農作業が多忙になっています。 2021/05/22撮影 西から東(久留米市高良山方面)を望む 1-DJI_0011-001 2021/04/27撮影 1-DJI_0011-001 2021/03/01撮影 1-DJI_0010-001 2021/01/30撮影 早播き・遅播きの違いと、水稲・大豆の後作の違いで生育の違いがあるのではないかと思います。 大豆の後作は分けつが良いです。 1-DJI_0010-001 2020/12/04撮影 麦の種まき直後です。 1-DJI_0011
>> 続きを読む

春、畦畔の草花(3月) ()
2021/03/12 - 28 春を迎えて畦畔の草花が開花してます。ほとけの座、すみれ、たんぽぽが目につきます。 1 ホトケノザ     2-1 スミレ    2-2 タチツボスミレ   3 タンポポ?    4 カラスノエンドウ    5 ナズナ  6 スギナ  7 オオイヌノフグリ    8 トゲミノキツネノボタン? 10  オニノゲシ  11 ハハコグサ  12 ?   13 ? 誰か、間違っている草花や?(不明)の草花を教えてください。 1 ホトケノザ  色が鮮やかで、最も畦畔では目につきます。 P3120059 P3130003 2-1 スミレ  むらさき色がきれい。 P3120081 P3180010 2-2 タチツボスミレ P3180018 P3180017 3 タンポポ? P3120071 4 カラスノエンドウ  麦畑では収穫時の混入が問題 P3120083 5 ナズナ P3120085 P3180012 6 スギナ:つくし  除草剤に強く、生き残る。 P3120090 7 オオイヌノフグリ P3120080 P3180024 8 トゲミノキツネノボタン?(キンポウゲ科) 麦の強雑草;多様な植生状況ではそんなに繁殖しない?。トラクターの出入口や四隅に多く、圃場に拡散する。 P3120060 P3170002 9 シロツメクサ  繫殖力もあり禾本科抑制の効果も期待出来、最も有用な雑草と思います。 P3120061 P3180020 10 オニノゲシ? P3170016 P3170014 11 ハハコグサ P3180003 P3180002 12 ? P3180026 P3180025 13 ? P3180028 P3180032
>> 続きを読む