ブログ

田舎のかえる

トラクターのミッションオイル交換(更新) ()
ミッションオイルの交換は、取扱説明書によると400時間ごとになっていますので、690時間は大分遅れています。 以下の手順は今回行った方法です。 まず、リフトロッドを下げる(オイルが行き渡るようにするため?)。 PB060012 それから、30L以上を廃油するために20L缶ではオーバーフローするため、取り出しやすい油圧オイルフィルタカートリッジを緩めて15L程度を廃油し閉めます。次に足下ボルト1個、座席下ボルト1個及び、後輪車軸内側周辺の小さめのボルト2本計4本のドレーンから残りのオイルを抜きました。 P1170021ブルグ3 次に油圧オイルフィルタカートリッジを交換。写真はカートリッジを取り外したところ。 P1170022ブログ5 油圧オイルフィルターカートリッジ PB060024 次に、ミッションオイル(スーパーUDT-2)を注入し、30L入れたら後はゲージを見ながら0.5~1L程度づつ注ぎ足し、エンジンを2~3分運転して油面を確認していきます。 P1170029ブログ4 その後、廃油の処理など結構な時間がかかりました。私は慣れてないので全体で3時間はかかりました。  2018.11.06 2回目 ミッションオイル及び油圧オイルフィルターカートリッジ交換。            総運転690時間後。31L交換。      2015.01.17 1回目 ミッションオイル及び油圧オイルフィルタカートリッジを交換。31L交換。            クボタトラクタKL34Rは2014年11月に購入し始めてのオイル交換
>> 続きを読む

かんしょの収穫 ()
近頃は、主な農作業の合間をぬって、甘藷の収穫を行っています。品種は安納芋。 収量は平年並みです。 PA290003 芋と一緒に掘り出された冬眠準備中のカエル。動きが鈍い。
>> 続きを読む

トラクタのエンジンオイル交換(更新) ()
エンジンオイル交換は、当面の農作業の忙しさが先に立ち、ついつい後回しになります。 早くしたいのは山々なんですけど。トラクタはクボタKL34R。 エンジンオイルの交換は初回50時間後、それ以降100時間毎、オイルフィルターは200時間毎。 まず、エンジンオイルの交換。足下のボルト2本を抜き廃油(画像省略)。 P1170005ブログ1 次に、オイルフィルタカートリッジを交換する時、燃料フィルターが邪魔してフィルターレンチが入らないので燃料フィルターのカップを取り外しました。 ただ、燃料コックの取付ボルトを外す方法がありますので、その方法が簡単です。 エンジンオイルフィルタカートリッジの交換 P9060049 エンジンオイルフィルターカートリッジの品番 P9060050 (そのため、燃料フィルターから燃料系統に空気が入りエンジンが始動しなくなったので、エンジンオイル補給後、燃料噴射ポンプ上のコックを開にして、エンジンを30秒ほど始動して閉にし、空気抜きをました。) エンジンオイル(スーパーCD D10W-30)の補給。  P1170011ブログ2  追加  2018.11.04  6回目(累計693時間)エンジンオイル(交換時期超過)及び4回目のオイルフィル                 ター交換。4.7L  2017.12.06  5回目(累計553?時間)エンジンオイル(交換時期超過)及び3回目のオイルフィル                 ター交換。  2017.0?.??  4回目(累計440?時間)エンジンオイル交換。  2016.09.06  3回目(累計340時間)エンジンオイルを4.7L交換、及び2回目のオイルフィルター                  交換。4.7L  2015.12.15 2回目(累計223時間) エンジンオイル交換(フィルターは交換せず)                     4.5L  2015.01.17 1回目(累計70?時間) エンジンオイル交換(フィルターは交換)                     5.5L        クボタトラクタKL34RーPCは2014年11月に購入し始めてのエンジンオイル       交換です。
>> 続きを読む