ブログ

田舎のかえる

2021年産小麦の種まき ()
私の圃場では、11月26日からシロガネコムギの種まきを始め12月3日に終了しました。。 この地域では、うどん・菓子用のシロガネコムギとラーメン用のちくしW2号を作付けしています。 土色の圃場が小麦畑で、早播きは既に発芽し、うす緑色気味です。 この光景は農家の汗の結晶です。撮影:2020/12/04 DJI_0011 もう、地表下では発根、発芽が始まっています。撮影;2020/12/04 PC040055 種まき作業は好天に恵まれ、スムーズに終了しました。撮影;2020/11/29 PB290037ブログ
>> 続きを読む

2020年産大豆の収穫 ()
収穫した大豆のカントリーでの受入れは、前年11月9日より5日遅れて11月14日から始まります。 大豆の品質は10月から11月にかけて好天に恵まれ、粒がきれいです。 収量は、早播き・遅播きの違いや暗渠施設の有無等の排水条件によって大分、収量差があるのではないかと思います。 2020/10/18に早播き・遅播きの収量差について、それぞれ5個体づつのさや数を数えてみたら、遅播き(8月1日)÷早播き(7月19日)で59%で、8月まで遅れた播種は大幅に減収しそうです。 概ね、茶色が大豆畑、白っぽい圃場は水稲後不耕起の圃場、土色が麦作付けのため耕起した圃場です。(2020/11/12撮影 西から東を望む) DJI_0013 私の圃場は11月12日からぼちぼち始めています。 追記;11月19日に収穫作業は終了しました。 PB130068 大豆粒はきれいで、美味しい国内産フクユタカの豆腐や納豆が食べれると思います。 PB130001 排水の悪い圃場は青立ちが発生しています。青立ちはなかなか水分が抜けないので、刈取って別扱いします。 PB130075
>> 続きを読む

コンバインのエンジンオイル交換 ()
コンバインの商品名はER335HDWです。エンジンオイル交換は100時間毎なので、私のコンバインは10年間でほぼ300時間ですから、ほぼ3年に1回の交換となります。 1 まづ、エンジンオイルD10W-30とオイルフィルターカートリッジ(品番名HH160-32093は取扱説明書から変更)を用意する。 1 ゴミの混入を防ぐため、給油口付近の掃除をする。 2 エンジンをかけてオイルを温める。 3 排油口を開いて、排油する。 4 オイルフィルターカートリッジを交換する。 5 排油口を閉じる。 6 給油口からまづ5.5L程度給油し、エンジンを5分程度かけてオイルを循環させ、オイルゲージで  確認し、不足していれば、規定量まで給油します。今回は5.7Lを給油しました。 排油 PA090034 オイルフィルターカートリッジ;色が濃い青から白色になっている。 PA090040
>> 続きを読む