ブログ

田舎のかえる

稲の収穫期 ()
収穫を始めようと、10月9日に水分を調べてみました。 稲の収穫適期の水分は20〜25%程度です。 籾での水分測定では20%程度の値が計測できました。しかしこの真夏日よりでは籾が乾燥し、低めに計測されると思われます。それで玄米水分で計測したらHの水分過多の表示。 マニュアルで玄米の計測範囲を確認したら、10〜20%となっていたので、収穫開始まで、もうチョットかなと思います。 PA090038 今年の米は乳白米が少なく、2016年産より品質が良いです。 PA090036 最もウンカが多いほ場の株を叩いて、落下したウンカ類ほか。 このほ場は一部倒伏が始まっています(全ほ場、農薬は全く散布していません)。 PA090046
>> 続きを読む

小豆、大豆の生育 ()
我が家の小豆は8月18日に播種し、今は開花期で黄色の花を咲かせています。 小豆は遅く播種した方が収量は低下しますが、品質は向上すると思います。 大豆は莢の中の子実が枝豆に最適な大きさまで、後5〜10日間程度だと思います。 小豆の開花 P9270003 枝豆まであと10日間程度? P9270006 今年の大豆は播種量も多く、発芽率が良過ぎて、密植になってしまった。 P9270005
>> 続きを読む

稲の受粉 ()
8月31日では出穂最盛期は過ぎ、受粉が始まっています。品種はヒノヒカリ。 お昼頃が花盛りで、開花の時間は90分前後。一穂が咲き終わるには1週間程度かかります。 P8310015 殻を開いてみると、柱頭が確認出来ます。(追加2017.09.02)P9020012 若い籾の殻には柱頭(雌しべ)は出来ていますが、雄しべはありません。(追加2017.09.02) P9020015 青空に出穂したばかりの穂が生えます。 P8310022 出穂風景・・・今日は一日中強風が吹いて、過ごしやすい一日となりました。         残暑が続いていますが、秋の気配も感じて農家は一安心です。 P8310029 受粉が終わった後の水面は葯が散っています。 P8310032
>> 続きを読む