ブログ

田舎のかえる

畦草刈機のエンジンオイル&ミッションオイル交換 ()
2019/12/22に実施。(株)オーレックのウイングモアーWM746Fです。 オイル交換とは別件ですが、「左ハンドルの走行クラッチレバーは上下で付け替え可能」になっています。上付けは握るのに疲れませんが、バックの時等のトラブル時にはとっさの動作が後れてしまい危険だと思います。私には、ハットした経験があり、絶対上付けは止めた方が良いと思います。 1 エンジンオイル交換   エンジンオイルの量は注入口とは反対側の本機三菱エンジンGB181左には0.55Lと表示されています。実際の油量はゲージに従えば良いですね。 PC220006 2 ミッションオイル交換   初回20時間目になっていましたが、購入して1年以上も経って初めてのオイル交換です。   機体の右下にドレーンプラグがあり、バットのような容器で受けて排油します。 PC220014    注油は検油口からにじみ出てきたら規定量に達しています。 PC220017 ミッションオイルは#90。0.75L注油。 PC220019 畦草刈機;(株)オーレックのウイングモアー WM746Fです。 PC220020  
>> 続きを読む

小麦の種まき&出芽 ()
シロガネコムギの種まきは2019年11月27日から12月1日の4日間を要しました。 種まき開始時は多めの播種だったので、徐々に播種量のツマミを絞った結果、最後は少な目になり種子が余ってしまった。ツマミのある目盛を境にして種麦の出方が大きく変わる感じがします。 播種時のロータリー耕耘は雑草対策のため、水稲後作ではPTO変速レバーは4で行っています。大豆後作は3。 12月5日には11月29日に種まきした圃場で土の中で出芽していました。 12月30日撮影 PB300038 播種して6日目で、出芽したシロガネコムギ;12月5日撮影 PC050002 麦播種前の除草剤散布は行わず、浅い耕耘で雑草を攪拌しています。 播種後の除草も除草剤は散布せず、麦除草機で除草を行う予定です。この圃場は 大豆の後作 PB200001
>> 続きを読む

小豆の収穫 ()
本日、大豆収穫作業にけりを付けて、小豆の収穫を行いました。 あいにく収穫作業の画像はありませんが、その後通風乾燥を始めたところです。 収穫までの生育の状況はここ。 ただ残念ながら水害・湿害の画像が抜けています。 これで夏作の穀類・豆類の収穫は終了しましたが、全て不作でした。 PB160013 PB160014
>> 続きを読む